Warning: Use of undefined constant ddsg_language - assumed 'ddsg_language' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/seiga/public_html/leo_recruit/wp-content/plugins/sitemap-generator/sitemap-generator.php on line 45
社員紹介 | 京都のバイクショップ レオタニモト 採用情報 » Blog Archive

レオタニモトライフ

> 勤務条件と福利厚生 > 職種別紹介 > 社員紹介 > お客様向けイベント > サポートイベント > 社内イベント > 社内取り組み

社員紹介

本店営業

レオタニモトへの入社のきっかけ

レオタニモトだからというよりは一人前の社会人になりたかったからです。バイク好きで独立を目指していましたが独立を辞める理由もあり、企業で働くならば、バイク業界でここまで福利厚生がきっちりしている会社はないと思ったからです。

仕事の面白さは、「お客様との出会いです」

営業をしていると良い出会いなど様々な人と出会える機会があることが面白さの一つです。

日ごろ自分が生活している範囲の中の人は自分に似た人であったり、自分で選別しているものだと思います。仕事の場合そうはいかず、自分が普段接することがない考えの人と接することが自分を成長させてくれると思います。
そうして社会のことを理解していくと自分の枠を超えて世界が広がりました。

子供が生まれるのですが、自分は今まで環境や人間関係などに恵まれて生きてきたんだなと思います。
それに気づいて、これからは自分も親になるので子供を恵まれた環境におくにはちゃんと仕事をしてお金を稼ぐことが第一だと思うので頑張っていきたいです。

USA LEO サービス 工場長

仕事の面白さは、「お客様の笑顔を見る事です」

自分の修理した車両を見て、お客様が笑顔になってくださることです。そして、仕事をしていく中で、自分が好きだったバイクの知識が増えることも愉しさの一つです。

仕事の面白さは、「お客様から感謝された一言一言すべてです。」

私が足を骨折してしまい、入院したときにお客様がお見舞いに来てくださったことがありました。
仲の良い友達ほどに心配してくださったことが何より嬉しかったです。

修理が終わり、車両をお渡ししたあとに、お客様から電話で「良くなりました。ありがとうございます。」と電話がかかってきたときに、初めて心の底からよかったと思えるときです。

USA LEO 営業

仕事の面白さは、「バイクを販売できた時です。そして、その後のお客様との信頼関係。」

一番はバイクを販売できた時です。そして購入されたお客様との付き合いの仲で信頼関係ができあがり、頼られている時が大変嬉しいです。どんな些細なことでもいいので、カスタム相談やバイクに関係ないことでもいいです。

「ツーリングに行くのだけどどこがいいのか」など、お客様から頼りにしてもらえることがやりがいを感じます。

ご応募を検討されている方へ「バイクは自分で乗ってみなければわからないものだと思います」

バイクは自分で乗ってみなければわからないものだと思います。仕事だけど、自分自身が楽しむこと。興味をもって物の仕組みを理解しようとすることです。
やはりバイクを好きになることが一番だと思います。 この業界に興味があるということはバイクが好きであるとは思いますが、もっと理解していってほしいです。

レオカワサキサービス 工場長

仕事のやりがいは目標を達成することです。

工場長という責任のある立場上、しっかり目標を設定して、意識をしながら日々の業務を行うことが必要になってきます。

当然ですが、修理をしてお客様に喜んでいただけることはもちろん嬉しいのですが、やはり一番喜びを感じる瞬間は目標を達成したときです。
目標を達成できないと自分に負けた気がするので諦めず頑張っていく姿勢が大切です。

お客様の立場になって行動することが大切です。

昔、お客様にバイクの修理のことで相談を受けました。
このお客様は交通事故で体を痛めていらっしゃる方でしたが、バイクが好きで自分では乗れないのですが「どうしても所有しておきたい」ということでした。
お客様は自分では店舗までバイクに乗ってくることもできず、私が自宅まで整備に行くようになりました。

そのうち、私のことを気に入っていただいたらしく、お友達の車両を修理させていただいたり、紹介していただきました。
そして今では、私の誕生日と結婚記念日には欠かさずメールを送ってくださるような深い関係になりました。
誕生日などはっきり覚えていらっしゃってとても気を遣っていただいています。
私はお客様とここまで深い繋がりを持つことができる仕事に感動いたしました。